読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕凪便り

~春が過ぎ、気がつけば冬が終わる~

クリスマス?

12/25(日)。天気。晴れ

 

今日は何の日だろう。クリスマス

いいえ、バイクの納車の日です。

 

そんなわけで本日はTRIUMPH TIGER800 XRx の納車をしてきました。

試乗のときはパニアケースを積んでいなかったので大きな印象を持たなかったのですが、フルパニアを付けた実車を見ると存在感が凄い…。

f:id:makaroniF2:20161225141458j:plain

 

そしてパニアケースバイクに積んでいる状態だと大きく感じなかったが。外して置いてみるとデカイわ。

f:id:makaroniF2:20161225142012j:plain

 

今日は初日ということもあり、メーカー指定の5000回転以下より低い3000~4000回転で走っていたので辛かったが、明々後日に名古屋往復して早々と終わらせる予定。

 

f:id:makaroniF2:20161225142125j:plain

 

今日は地元をぐるぐるしてただけなので特筆して書く事はないのですが、今後はこの子と各地を走り回る予定なのでよろしくです。

バイクのない日々

12月11日(日)。天気、晴れ

 

バイクのない私は部屋の掃除を始める。

今まで10年近く乗り続けたママチャリもタイヤの地が出てタイヤ交換をしないと乗れない状況だったので、先日 粗大ゴミとして業者に持って行ってもらった。

バイクもなければ自転車もない

 

…いや、自転車あった。

3年前に買ったクロスバイクTREK 7.5 FXが。

実は自転車にハマっていた時期があり、その時に購入したもの。購入した数ヶ月後にTVアニメで『弱虫ペダル』が放送されてちょっした自転車ブームが到来し、流行に乗ることが嫌いな私は以後乗らなくなったのでした。

 

今まで室内保管していたのでサイドスタンドを買ってきて、自家用車とする準備をする。

そして日が傾き始める前に地元を走る。

軽い!軽いよこの自転車!

f:id:makaroniF2:20161211152249j:plain

このクロスバイク前2段後9段18段変速。そして(個人的な)最大の魅力はフロントフォークがカーボンということ。

久しぶりに自転車に乗るということもあり、曲がる時が怖い。特にUターンするときが怖い。「バイクの方がどれだけ楽だろうか…」とも呟いたほどである。しかし一番の感想は尻が痛い。近くのホームセンターまで乗っただけで尻が痛くなるほどである。サドルを変えることを検討する今日この頃でした。

 

ちなみに、乗る前に空気を入れようとしたら、バルブキャップが劣化してて折れたので、アルミバルブキャップを買ってきて交換しました。

f:id:makaroniF2:20161211164155j:plain

 

 

バイクのない私ですが、先週は試乗とかしていました。

f:id:makaroniF2:20161204111137j:plain

年内には納車できる予定なので、来週にお迎えできることを切に願っています。

 

※自転車もバイクだろというツッコミもあると思いますが、その辺は気にしないでやって下さい。

 

 

 

早すぎる『さよなら』

今回の記事には某ロボットアニメは関係ありませんのであしからず。

 

twitterでもまだ呟いてないのでここが初出になりますが、本日GSX-R 1100を手放しました。

 

f:id:makaroniF2:20161119082838j:plain

 

いいバイクだったのですが、色々と今後のことを考えスパッと決断。

先月の能登半島ツーリングで、燃料ホースが外れたことがきっかけの一つ。

いくら壊れにくい(という噂の)油冷エンジンであっても4半世紀前のバイク。各所にガタがきており、今まで直し直し乗っていたのですが、直す度にお金が消し飛び、そしてまた違うところの調子が悪くなり…というのが最近の様子でした。

エンジンの音に違和感を感じ始め、完全にぶっ壊れる前に手放してしまおうと考えだしたのが3日前。

半年で8000kmぐらいは走ったかな。いざ手放そうと考えると半年の色々な思い出が蘇ってきて…

って思い出を辿っていたら偶然ラジオから 春風-SHUN PU-/豊崎愛生*1が流れてきて泣きそうになりました。これからもこの曲を聴くたびにGSX-Rのことを思い出しそう。

 

今後も日本を一周する勢いでバイクに乗っていきたいので、次は壊れにくい最近のバイクを買おうと考えております。

 

まぁね。「最近のバイクはインジェクションだからスロットルが敏感すぎて嫌い。」とか「デジタルメーターが嫌い。」とか言っていましたが、そんなことはもう言ってられません。

 

 

ところで、私のような20代前半のバイク乗りの方はスポーツバイクに乗っているイメージが強いのですがどうですか?私は、GSX-Rで〇〇〇km/hで走行し、死を垣間見てからスピードに拘りは持たなくなりました。むしろ日本でリッターバイクはパワーを持て余すということを感じたほどです。いや、高速は楽なんだけどね。

 

とりあえず次のバイクの候補はもう上がっているので、近いうちに車両を見てきます。年内に納車できればいいのですがどうなるか。

 

車種の予想でもしながら続報をお待ちください。

 

いざ能登半島へ③

11/21(月)。天気、晴れ

 

本日の能登半島は晴れの模様。

朝に弱い友人を起こさぬよう、朝風呂に行き、湯涌温泉の散策へ。

実は湯涌温泉に来るのは2回目なので特に真新しいものはないのだが、温泉街を散歩するのは悪くない。

f:id:makaroniF2:20161122214346p:plain

 

湯涌温泉にはちょっとした神社、湯涌稲荷神社がある。その神社の横に前回来た時には気付かなかった小道を発見。

f:id:makaroniF2:20161121074202j:plain

画家の竹久夢二が歩いた道らしい。とりあえず木の階段を登ってみることにした。

 

 

 

f:id:makaroniF2:20161121074711j:plain

「近道」と書いてある道を進んだら、獣道のような道を進むハメに。気分はもう「ぼくのなつやすみ」である。

 

いつまで歩いてもゴールにたどり着かないので、携帯でマップを確認すると湯涌から離れていっているではありませんか。朝食の時間もあるので途中で引き返すことに。

朝から登山をしてひと仕事終えた気分であるが、1日はこれからである。

 

朝食を頂き、3日目の出発だ。

本日の目標は昨日通ることのできなかった『千里浜なぎさドライブウェイ』と牡蠣を食べること。宿の人に牡蠣の食べられる場所を聞くと「能登中島に行かんとなぁ」と言われた。またあっちに戻るのか…。

 

快晴の中、千里浜なぎさドライブウェイへ。千里浜なぎさドライブウェイは、日本で唯一砂浜を走ることが出来る道だ。

f:id:makaroniF2:20161121112619j:plain

アスファルトの道から砂浜に降りるときの「おいおい、これ大丈夫なのか(笑)」って気持ちは一生忘れることはないだろう。

それほどまでに感動した。

 

近くのガソリンスタンドで給油し牡蠣を食べるために50km近く離れた能登中島へ向かう。

能登中島で牡蠣のお店があったがお客さんで混み合っていたため、隣町の西岸にある宮本水産さんで頂くことに。

牡蠣を使ったメニューがいくつかあったが、せっかくなので全てを食べられるカキコースにした。

f:id:makaroniF2:20161122111849j:plain

牡蠣の名産地だけあって、いままで食べたどの牡蠣よりも美味しかったです。

 

牡蠣を満喫し、あとは帰るだけ。…であるが、ちょっとだけ寄り道して「西岸駅」に寄らせてもらうことに。

f:id:makaroniF2:20161121135849j:plain

2日目の能登中島、穴水、ラッピング電車。そして宿に湯涌温泉を選ぶあたりで分かる方は察していると思いますが、実は私、花咲くいろはが大好きなのです。

西岸駅は主人公の働く旅館の最寄駅のモデルとなった駅なので、これで心置きなく東京へ向かうことが出来ます。満足しました。

 

 

あとはひたすら東京へ向けて走るだけ。

東京のほうはのようなので富山県エネオスで給油するタイミングで雨具を装備し2人は来た道を戻る。

 

西岸駅を出発したのが14時頃。家に到着したのが21時30分頃。途中の休憩は給油だけのほぼノンストップでした。

 

そういえば、石川県内で「8番らーめん」ってお店をよく見かけたけど、石川県だけで展開しているお店なのだろうか。他の県では見かけた事ないな…。

 

11/22(火)。天気 、晴れ

ツーリングの汚れを落とすために洗車をして、水気を飛ばすために東京を走った。

数分置きに信号で止められる街。これが現実か・・・。

 

f:id:makaroniF2:20161122222811j:plain

 

冬が終わったら東北方面を考えています。

ではまた!

いざ能登半島へ②

 

11/20(日)。天気、曇り

 

窓の外を見ると雲の合間に青空を見ることができた。

 f:id:makaroniF2:20161120094820j:plain

宿の管理人のおばちゃんが「晴れて良かったですねぇ。今日はどちらまで旅をされるんですか?」と話しかけてきてくれた。

大きなバックをつけているので旅をしている人に見えたのだろう。まぁ旅には違いないが…

 

今日は私用のため能登中島まで戻りそこから国道249を走り能登半島を一周する予定だ。

 

朝露で濡れたバイクをタオルで拭き、エンジンをかける。

大量の水(?)がエンジンあたりから滴ってきた。この時、溜まっていた雨水がエンジンの振動で落ちてきてるのだと思っていた。

 

走り出すこと数分。バイクの燃料が少なくなってることを知らせるランプが点灯した。

走った距離からして大丈夫だとは思うけれど一応フューエルコック*1をリザーブにしておいた。

 

のと里山海道で横田まで走り、能登中島へ。能登中島の近くのエネオスで給油することに。友人に前回の給油からの走行距離を聞くと「150kmぐらい」と教えてくれた。

給油するためにタンクキャップを開けるもガソリンが殆ど入ってない。

ガソリン満タンをお願いしたら18Lも入った。

燃費にして約8km/L…。VMAX(ヤマハ)並の燃費の悪さに疑問を感じた。いつもなら20km/Lくらい走るのに…。

 

ガソリンスタンドを後にして能登中島駅に向かって走り出す。信号待ちのときに気づいてしまった。ガソリンタンクの下から噴水のごとく吹き出ている液体を。

あ゛!ガソリン漏れている!どっかで止まるわ!」と友人に告げ、のと鉄道七尾線の線路沿いの駐車場へ。

 

見てみると燃料ホースが外れかかってそこからガソリンが漏れていたようだ。バックから工具を取り出し、友人にタンクを持ち上げてもらい応急処置を行った。このときに昨日のポリ手袋がまたしても活躍。作業が終わる頃には穴が空いてしまったが、今回のツーリングのMVPは間違いなくポリ手袋であろう。

燃料ホースを繋ぎ、一応漏れなくはなった。作業中に横の線路を「花咲くいろは」のラッピング電車が通り過ぎて行ったことが印象に残っている。

 

そこから2人は国道249で北上する。能登半島の沿岸には観光名所の見附島弁天島などがある。弁天島は写真に撮ったが、見附島には特に惹かれなかったためスルー。

そして雨がパラつき始めてきた。

 

f:id:makaroniF2:20161122111835j:plain

本格的な雨は降らなかったのだが、日が陰ったこともあり、一気に気温が下がったので、寒さ対策として雨具を装備することに。

海岸沿いを走り石川県の観光名所である白米の千枚田へ立ち寄り、併設されている千枚田ポケットパークでおにぎりセットを頂く。うん美味しい。

 

f:id:makaroniF2:20161120152448j:plain

 

ご飯も食べたし、出発。

ってときに友人が腹痛で20分近くトイレへ。駐車場でナビ(携帯)で経路検索しながら待っていると地元の観光バスの運転手のおじさんに「バイクもナビの時代か。はぁ~、東京から来たんかぁ。」と話しかけられた。地元ナンバーではない+大きな荷物を積んでると地元の方に話しかけられやすい気がする。なんか嬉しい。

 

友人が戻ってきたころには本日の宿に着くのがギリギリの時間に。能登半島一周を断念し、のと里山海道を使い一気に本日の宿である金沢市 湯涌温泉を目指すことにした。

のと里山海道能登有料道路として作られ、2013年に無料化となった自動車専用道路だ。道が綺麗で高速道路のように流れているので私の1100ccのバイクが真価を発揮していたが、友人のバイクは400ccのモタードなので辛そうだった。

 

 

18:15分頃に本日の宿、湯涌温泉 山音に到着。到着が遅れたのでさっそく夕食に。

f:id:makaroniF2:20161122111846j:plain

 

加賀料理がメインの和食ながらもおしゃれな料理で美味しかったです。

 

夜の湯涌温泉を散策し、少し雨が降ってきたので温泉に入り休むことに。

山音の温泉は男湯と女湯が時間で変わるスタイルなので、明日の朝はまた違った景色と温泉が楽しめそうだ。

 

明日の石川県は晴れ。なお、東京は…

 

複雑な感情の中、明日へ備えて寝ることにした。

 

続く

いざ能登半島へ①

11/19(土)。天気、

 

 

全身を防水装備で整え、友人との集合場所である中央道 双葉SAへ走り出した。

 

走行中、速度メーターの針が折れ(2回目)、しまいには根元から取れるというアクシデント。

f:id:makaroniF2:20161119082822j:plain

速度が分からないのはいいのけれど、トリップメーターオドメーターが動かなくなり走行距離が分からなくなったのが一番辛かった…。燃費計算と給油タイミングが分からなくなりますからね。

 

そんなこともあり集合時間の40分前に双葉SAに到着。「双葉コク黒ラーメン」を食べ友人を待つことにした。

f:id:makaroniF2:20161119083729j:plain

 

友人が来たのは集合時間の50分後、「いや~圏央道が混んでて

 

合流した2人は中央道で長野県 松本市まで走る。いきなりの事故渋滞でブレーキをかけるもリアタイヤが簡単にロックして「うお、滑った!」って何度言い合っただろうか。

 

すでに防水装備は限界を超えたらしくグローブは浸水して手が凍りそうになっている。

松本で高速を降り、目の前のエネオスに給油のために立ち寄った。なんと洗車用のポリ手袋が置いてあるではありませんか。これを使えば手が直接濡れることはないと判断しグローブの下に装備することに。

なんと手が濡れない!こんなに嬉しいことはない!

 

2人は下道で飛騨高山(岐阜県)を経由。

f:id:makaroniF2:20161119134041j:plain

 

そして富山県に入る。富山県は晴れていた。富山県だけは僕たちを迎え入れてくれていた。

が、石川県に入るとまたしても雨が降ってきた。しかも既に日は落ち、気温も下がってきた。寒い。

f:id:makaroniF2:20161119170252j:plain

のと里山海道のと里山空港まで走り、本日の宿である『春蘭の宿』へ向かう。

周りに街灯もなく車一台が通れる幅の山道を進み、宿へ到着(?)。

ナビは宿を指しているがどこにも見当たらない。同じようなところをぐるぐるしていたら宿の人と遭遇した。

100Mほど戻ったところを右に曲がったら学校が見えるんで

 

100M戻るも右に曲がるも街灯がないので学校なんて見えるはずもなく、宿に電話してやっと到着することができた。

 

f:id:makaroniF2:20161122112229p:plain

この『春蘭の宿』。もともと学校だったものを改装した宿で、室内は宿っぽく改装されていますが、廊下は完全に学校でした。廊下に使っていいのか分からないけれど乾燥機が置いてあった。

 

・・・勝手に使わせてもらいました。ありがとう乾燥機!

 

今回は素泊まりでしたので、穴水まで戻って夕飯を食べ、明日に備えて早めに寝ることにした。

 

明日は曇りらしい。

 

 

続く

 

バイクと風雨来記

こんばんは。

前にも告げましたが、明後日は能登半島ツーリングとなっております。天気はの予報が出ております。

 

ビーナスラインのときといい、またか。またか…。

 

雨だろうと宿を予約してしまっているので行かないという選択肢はございません。

北陸新幹線が開通したんだから新幹線でいけばいいじゃない。」というごもっともな声もあるかと思います…。が、そのような選択肢もございません。

 

これはもう病気です。バイク病という病気です。これからバイクに乗ろうと思っている方はどうか気をつけて頂きたい。

 

前の記事で名前を挙げた「風雨来記」ですが、全ヒロインのシナリオ+おまけの花札が終わりました。「結ばれたヒロインとは絶対に別れる」ってなんだこれ…。

 

あるヒロインの

f:id:makaroniF2:20161117184501j:plain

私が一緒にいるとあなたの旅の足でまといになる。

男は『旅』が大事、女は『愛する人と過ごすこと』が大事。つまりね、女に『旅』は大事じゃないってことなの。

 

ってセリフが少し心にきましたね。

 

とりあえず、おまけのCGで玉恵のバイクがHONDA ゼルビスだと判明。ゼルビスは壊れにくいVT系のエンジンのツアラーですが、当時はあまり人気がなかったようで…

今の250ccの(SUZUKI以外)バイクはスポーツ系ばかりなので今ツアラーを作ったらそこそこ需要がある思うんですがどう思いますか?

f:id:makaroniF2:20161117183336j:plain

 

 

そういう考えで行くと先日発表されたSUZUKIV-Storom250は売れると思います。サイドケースやパニアケースを付ければキャンプとか余裕でできそうですし、エンジンはGSRのエンジンに調整を加えたものなので低燃費、しかも250ccで維持費が安い。

さすがスズキ!かっこいいぞスズキ!(友人曰く私は鈴菌感染者らしい…)

 

f:id:makaroniF2:20161117182738j:plain

 

 

明後日は中央道を松本まで走り、そこから下道で長野県→福井県→石川県へと抜けて行く予定ですが、山の中を抜けていくので雪と凍結だけは勘弁して欲しいものです。

 

 

それでは今週末、能登半島で会いましょう。